プラクティショナー

プラクティショナー

宮本 眞美  Miyamoto, Masumi  
・エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー
(米国カリフォルニア州認定マッサージ・セラピスト)
・レイキ・プラクティショナー
・ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス
(通称GAP)ティーチング・スタッフ
・EMBA(Esalen Massage and Bodywork Association) 会員

                      
1996年にレイキ、エナジーバランシング・マッサージを受け、それがきっかけとなってボディワークに興味を持つ。以降フィンドホーンのレブ・セラー氏よりホリスティック・マッサージを学び、エサレンのブリータ・オストロムやディーン・マースンからゲシュタルトやマッサージの実技のワークショップを受講する。
2002年に三十数年間勤務した出版社を退職。エサレン®ボディワーク認定コースを受講、2003年にデュプロマ取得。2003年12月に逗子にエサレン®ボディワークのスタジオ“Healing Space Wai Ola”をオープン、現在に至る。
その間、複数のエサレンの教師からエサレン®マッサージのアドバンス、ペリー・ホロマンのディープティッシュ、マリア・ルシア・セウエアのスピリッチュアルタッチなどの各種ワークショップを受講し、現在《500時間プログラム》コースを実践中。2012年からエサレンのシャー・ピアスの関東でのワークショップをオーガナイズしている。
2003年エサレン研究所に行く直前にエサレン研究所から初来日したクリスティン・プライスのゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(通称GAP)のワークショップを受け、「これが私のやりたいエサレン・ボディワークの心の部分」と思い、それ以降、GAPを継続して学んでいる。2013.12〜2017.1はGAPのスチューデント・ティチャーの一人としてチームで日本でのクラスを受け持つ。2017.2からはティーチング・スタッフの一人として、引き続きチームでGAPのベーシック・クラスを受け持ち、参加者と共にGAPを学んでいる。
他に、2011年より曹洞宗僧侶の藤田一照さんから坐禅のご指導をいただき「禅」を学び、夏期坐禅合宿などお手伝いさせていただいている。また、2015年にジョアン・ハリファックス老師「GRACEプログラム−慈悲を実践する」のワークショップに参加し、その後始まった「GRACE」の勉強会に出席し学びを深めている。
エサレン®ボディワークやGAP、坐禅、GRACEに出会ったことに感謝しつつ、すべての学びは、「いま・ここ」に「どう在るか」につながっていると思う日々である。